鈴木さんのうつわ などなど

  


   いつも作品のご紹介が多いのですが、
   たまにはちょっと違うものを。

   お店はお昼をはさんでの営業なので、家からお昼持参か、
   現地調達をしています。

   行田はゼリーフライというおからを小判形に丸めて、ころもをつけないで揚げた
   ものが有名ですが、ここ最近食べていないので、こちらはまた次回に。。

   harutsumiの先に、昔からある『白木堂』さんというパン屋さんがあります。
   ホント近くて徒歩1分もかからないくらい。
   こちらの昔ながらのコッペパン。なんだか昭和を思い出して懐かしいのですよね。
   (歳がばれますね)



   
a0251635_812054.jpg




   ピーナッツバターの他に、ジャムバター、あんバターと3種類のコッペパンの他、
   お総菜パンや、甘いパンもあります。
   先日のお総菜パンは、揚げウインナーパンというものでした。
   赤いウインナーが入ってて、子どものようなわくわく気分で頂きました。
   ラスクは子どもたちのお土産に。


   ***


   もうひとつ。
   和菓子屋の『秩父家』さんのお寿司と、塩あんびん餅。
   塩あんびんは、昨年ケンミンショーという番組で紹介されたちょっと変わったお餅で、
   私は地元民ではなく知らなかったので、紹介後すぐに頂きました。



   
a0251635_8112223.jpg
  



   あんこがしょっぱい大福を想像してみてください。
   そして食べ方がもっと斬新!
   なんと、お砂糖をつけて頂くのです!!
   慣れるまでちょっとぎこちない感じでしたが、もう大丈夫です^^
   
   なぜしょっぱい大福かというと、昔は砂糖が高価であまり手に入らなかったため、
   砂糖を使わなくてすむこちらのお餅、そして食べ方になったそうで。。
   時代背景があって、面白いですね。
   塩あんびんは、秩父家さんだけでなく、行田の和菓子屋さんにはだいたいあるようですので、
   こちらに来られる際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。


   ***

   
   さて、お店は今日も営業します。
   先日入りました鈴木さんの耐熱のうつわ。
   木のベンチにずらーっと並んでおります。

   

   
a0251635_8215895.jpg
 



   
a0251635_8222324.jpg
 




   
a0251635_8343481.jpg




   
a0251635_8352536.jpg




            裏も素敵です。うつわによって雰囲気が違うので、こちらもご覧くださいね。




   
a0251635_8233846.jpg
 



   
a0251635_823562.jpg



          小さいほうのティ-カップ。5寸の平皿とあわせると、カップ&ソーサーにも。
             ちょこっとちいさなお菓子をのせたくなりますね。



   
a0251635_824467.jpg




   お店で皆さまのご来店をお待ちしております♪





    うつわ雑貨harutsumi

                埼玉県行田市天満3-3(Pあり)
                090-1808-5794
      
                火・水・木 10:30~14:30



   
[PR]
by harutsumi | 2013-01-24 08:30 | 鈴木史子
<< うつわと雑貨のお店 鈴木史子さん 耐熱皿 >>