こぎん刺し

 



  ここ数日、最高気温が更新されていますね。
   先週の涼しさはまぼろしだったのかも・・なんて気もしてきました。
   
   夏、でしたよね。
   あと2ヶ月はこの暑さが続くのか、と思うと
   テンションが下降してしまいますが、
   オリンピックなど、楽しいことも盛りだくさんです。

   誠に勝手ながら、夏休みの間不定期での営業となっております。
   今日もお店はお休みさせて頂き、
   今週と来週土曜日に営業したいと思います。
   どうかご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。

   さて、お待たせいたしました。
   素敵な刺繍、こぎん刺しのご紹介です。


   こぎん刺し とは

   今から250年ほど前の江戸時代、
   青森県の津軽地方、現在の弘前市付近の農村で生まれた「刺し子」。
   当時のこの地方の法律により、
   綿の着用を禁じられていた農民たちが、
   寒冷な地でも栽培できる麻で布を織り、
   貴重な綿の糸で保温と補強のため、野良着に刺繍を施したのが始まり。
   東北の厳しい寒さの中で生まれた、女性の手仕事です。

   こちらの説明文は
   作家のun(うん)さんのブログよりお借りしました--

  
 unさんのblog



   こぎん刺しの手鏡
   枠は英国製のものだそうです

   
a0251635_38674.jpg


   
a0251635_335544.jpg

                                             

   ボタン♪
   この季節もあって、麻糸を使っているものが多いです。
   harutsumiには珍しく、
   カラーものをチョイスさせて頂きました~

   
a0251635_3464644.jpg

                                             

  色合いや柄、なんともいえない愛らしさ。
   裏に穴がありますので、
   ヘアゴムやブローチ、バッグや帽子のワンポイントに
   ご自分でアレンジを楽しんでみてくださいね。

   

   
a0251635_3473161.jpg

                                           


 
   一番大きいものにはラメ糸がアクセントにはいっています。
   (ちょっとわかりづらいですね)
   
   ぜひお手に取り、お好みのものを選んでくださいね。
   プレゼントにも・・・☆



   
a0251635_359253.jpg


 

  こぎん刺しの刺繍の模様には、
   ひとつひとつに名前がついているそうですよ。
   この柄はなんというの?など、調べてみるのも楽しいですね。


   次はATERIER RAWAさんのリースをご紹介しますね。
   来月のイベントのことも、お知らせします。

   土曜日、お待ちしております。


   うつわ雑貨 harutsumi
   埼玉県行田市天満3-3
   090-1808-5794



   
   
[PR]
by harutsumi | 2012-07-26 09:23 | お店のこと
<< お店開きます 今週は土曜日営業です♪ >>